ご相談・ご来店予約 LINEからもお気軽に
横浜の前撮り・フォトウエディングはインプルーブ

横浜のフォトウエディング・前撮りはインプルーブ(improve) 横浜のフォトウエディング・前撮りはインプルーブ(improve)

tel

News お知らせ

HOME > Blog > フォトウェディングのみを行う場合に注意しておきたい4つのポイント

フォトウェディングのみを行う場合に注意しておきたい4つのポイント

Blog
2021.06.03

新郎新婦の二人が結婚したことを示す記念写真は、結婚披露宴を省いた「フォトウェディング」という形で手元に残すことができます。

費用や段取りの手間がかからず、手軽に写真撮影ができるため近年では新しい結婚式の形として注目を集めていますが、撮影の前にいくつか注意しておきたいポイントもあります。

ここでは、結婚式の代わりにフォトウェディングのみを実施する際、特に注意しておきたい4つのポイントについて紹介します。

フォトウェディングのみを行う4つの注意点

フォトウェディングのみを行う4つの注意点をそれぞれ確認していきましょう。

注意点1.プランを慎重に比較する

フォトウェディングは写真撮影のみのプランが一般的なため、結婚式よりも低価格に抑えることができます。

しかしプランによっては会食つき、ロケーション撮影(スタジオ以外での屋外撮影)などのオプションが付けられるため、オプションの数が増えるほど料金も割高に。

格安に抑えるつもりが、意外に出費がかさんでしまった…とならないためにも、慎重にプランを比較するようにしてください。

注意点2.衣装やメイクは事前に確認を

フォトウェディングも結婚式と同じように洋装・和装の衣装を着付けてメイクを施します。

結婚披露宴を実施しないぶん納得できる1枚を残したいところですが、ヘアメイクや衣装などは店舗ごとに仕上がりが異なるため、事前に仕上がりイメージを入念にチェックしてください。

メイクや髪型のイメージが決まっている方は担当者に事前に伝えておくとスムーズです。

注意点3.プランごとの違いを比較する

フォトウェディングはスタジオでの撮影以外にも、屋外やリゾート地で前撮りが行えます。

ただし店舗によって対応範囲が異なり、沖縄など遠方での前撮りが可能な店舗は限られるため、事前にチェックをして料金やプランを比較しましょう。

店舗によっては家族写真や複数人での集合写真、ペット同伴での撮影も可能なため、希望に合うお店を下調べしておくと安心です。

注意点4.追加料金に注意する

フォトウェディングは撮影日、撮影場所、衣装の種類によって追加料金が発生するケースがあります。

屋外での撮影やサンセット(夕日)との撮影、あるいは土日祝日に撮影日がかかると、通常の料金に追加料金が上乗せされることがあるため、事前に確認を行ってください。

フォトウェディングのみのメリット

フォトウェディングには、費用がかからないというメリットがあります。その他にも様々なメリットがあります。フォトウェディングをご検討中の方は、ぜひこちらの記事を参照ください。

フォトウェディングのみを行うことで得られる3つのメリット

注意点を踏まえて最適なプランを探そう

フォトウェディングはオプションが豊富で、結婚披露宴よりも価格を抑えながら満足度の高い写真撮影ができるサービスです。

上記の注意点をチェックしたうえで、希望に合う最適な店舗・サービスを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

当サイトは前撮りなどのサービスを行っている株式会社インプルーブが運営しております。

前撮りに関するご相談やご来店予約を希望の方は以下ページよりお願いします。

横浜で前撮りを考えている方はこちら

福岡で前撮りを考えている方はこちら

 

記事監修:フォトグラファー Ryo Okazaki

ご相談・ご来店予約

横浜・東京を中心に活動しております。撮影をご希望の方は、以下よりお気軽にお問い合わせください。