ご相談・ご来店予約 LINEからもお気軽に
横浜の前撮り・フォトウエディングはインプルーブ

横浜のフォトウエディング・前撮りはインプルーブ(improve) 横浜のフォトウエディング・前撮りはインプルーブ(improve)

tel

News お知らせ

HOME > Blog > 結婚式の前撮りで使える手作りグッズとデコレーションアイディア

結婚式の前撮りで使える手作りグッズとデコレーションアイディア

Blog
2021.09.29

結婚式の前撮り(写真撮影)は、和装・洋装ともにかっちりとした厳かな雰囲気になりがち。そのため最近では、自分たちで制作したオリジナルアイテムやグッズを持ち込んで、ポップな雰囲気にする撮影が流行しています。

 

前撮りで何枚か写真を撮る場合、小物を使わない堅い感じの写真を数枚撮り、その後で別の衣装や小物を使ってポップな雰囲気の写真を撮り直すこともできます。

 

本記事では、結婚式の前撮り用に手作りしたいおすすめグッズについて詳しく解説。制作のポイントやオリジナリティの出し方も紹介します。

 

「世界に一つだけの小物でオリジナリティを出したい!」「他とかぶらない楽しい写真に仕上げたい」と考えている方はぜひ参考にしてください。

 

結婚式前撮り用に手作りできるおすすめグッズ

ここからは、結婚式の前撮り用に手作りできるおすすめグッズを紹介します。

 

扇子

「扇子プロップス」という名称でもおなじみの、デコ扇子を小物として制作することができます。用意するものは大きめの無地の扇子(色は自由)と、デコレーションに必要なお花や水引飾りのみ。

 

「夫」「妻」「令和」などお好きな文字をプリントアウトして切り抜き、扇子に貼りつける方法も定番となっていますが、大ぶりの花をのせるだけでもぐっとゴージャスな印象に。

 

アイディア次第ではスパンコールや折り紙(和紙)で折った飾りを組み合わせても、個性的な扇子ができあがります。夫婦で色を変えても、まったく同じデザインにしてもOKです。

 

ガーランド

誕生日やイベントごとの飾り付けに使われるガーランドは、夫婦で両端を持って掲げるだけでポップな印象になります。

 

ガーランドは通常、フラッグと呼ばれる三角形の布をつなぎ合わせて作りますが、折り紙や立体的に折った折り紙をつないでもカラフルになります。

 

ガーランド専用キットやガーランド本体も販売されているので、そこに新たにデコレーションを施すこともできます。時短で制作したい方におすすめです。

 

黒板アート

文字とイラストでメッセージを表現する黒板アートは、メッセージボード代わりにもおすすめのアイテム。

 

絵が苦手でも文字やアイコンでデコレーションをしたり、色を使い分けてグラデーションで飾ったりと、思い思いの見せ方ができます。

 

写真にひと言添えたいときに活用したいアイテムです。

 

風船(バルーン)

飾り付けや素材集めの手間がかからず、写真にボリューム感を持たせてくれるのは風船ならではのメリットです。

 

小さな風船をちらしたり、大きな風船を2人で手に持ってみたりと、風船の色や形にこだわれば他とかぶらない1枚が撮影できるでしょう。

 

メッセージ入りの風船やイニシャル風船なども活用して、オリジナリティの高い前撮りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

その他の小物

100円ショップでも手に入るサングラスやカチューシャ、帽子などのパーティ用雑貨を身につけたり、大きな額縁(フレーム)を用意して2人で顔を出すユニークな方法もあります。

 

写真を撮影する場所に合わせて小物を選ぶのもおすすめ。たとえば海を背景に写真を撮るなら、海辺やリゾート感をかもし出せるアイテムがあると華やかになります。

 

レンタル用品も活用してみよう

小物を用意する時間がない、予算に余裕がない…という場合は、レンタルスタジオに置いてある小物を活用する方法がおすすめ。

 

写真スタジオによって用意されているアイテムに違いがありますが、ガーランドやオブジェなどの撮影用グッズが用意されていれば、事前に予約をとって借りることができます。

 

レンタルグッズも活用し、一生の思い出になる1枚を残しましょう。

 

当サイトは前撮りなどのサービスを行っている株式会社インプルーブが運営しております。

前撮りに関するご相談やご来店予約を希望の方は以下ページよりお願いします。

横浜で前撮りを考えている方はこちら

福岡で前撮りを考えている方はこちら

 

 

記事監修:フォトグラファー Chihiro Miyauchi

ご相談・ご来店予約

横浜・東京を中心に活動しております。撮影をご希望の方は、以下よりお気軽にお問い合わせください。