ご相談・ご来店予約 LINEからもお気軽に

横浜のフォトウエディング・前撮りはインプルーブ(improve) 横浜のフォトウエディング・前撮りはインプルーブ(improve)

tel

News お知らせ

HOME > Blog > 結婚式の写真撮影(前撮り)が苦手!?ナチュラルな花嫁スマイルの作り方!

結婚式の写真撮影(前撮り)が苦手!?ナチュラルな花嫁スマイルの作り方!

Blog
2020.07.22

人生で最大のイベントともいえる「結婚式」。その前に写真を撮影する「前撮り」ありますが、撮影に対して苦手意識を感じる方が少なくありません。 

普段、人から写真を撮られることに慣れていないと、不自然な笑顔になってしまったり、表情が固くなってしまうことがあります。 

本ページでは、結婚式(前撮り)の写真撮影が苦手…とお悩みの方に向けて、ナチュラルなスマイルの作り方をご紹介します。 

 

結婚式の写真撮影が苦手なら「笑顔の練習」にチャレンジ 

結婚式の写真撮影が苦手と感じるなら、まずは笑顔の練習にチャレンジしてみましょう。 

まずは、鏡の前に立ち、「ほほえみ」「歯を見せる笑顔」など、自分の笑顔を写してみてください。最初は不自然な笑顔になってしまうでしょう。しかし、回数をこなしていくうちに、徐々に自然な笑顔に近づいていきます 

また、笑顔を練習するのと同時に、「美しく見える顔の角度」も探してみてください。顔が美しく見える角度は誰にでもあるものです。あらかじめ、知っておけば写真を撮影する際に「左側から撮影してほしい」「横顔は右側を撮影したい」など、カメラマンに相談しやすくなり、結果的に美しい写真をのこすことができます。 

写真が苦手と感じる方の多くは「自分に自信がない」「自分の魅力が分かっていない」などですので、ぜひ鏡と自分に向き合ってみてください。 

 

結婚式の写真撮影が苦手でもおしゃれな写真をのこす方法 

笑顔の練習をしても、やっぱり写真撮影が苦手…と感じるなら、ちょっとした工夫で苦手意識をカバーできます。 

結婚式の写真撮影が苦手でも、おしゃれな写真を残す方法については、以下からの内容をご覧ください。 

 

グッズで表情をカバー

結婚式の写真撮影が苦手な方は、グッズの活用を検討してみてください。例えば、お二人が入るサイズの大きな額縁におさまってみたり、セリフ付きのふきだしで口元を隠してみたりしてみましょう。 

グッズがあるだけでも、写真への抵抗感が少なくなりますので、自然と柔らかな笑顔が引き出しやすくなります。また、グッズは気分を盛り上げる魅力的なアイテムでもあります。お好みの小物を選んで、お二人で素敵なポーズを決めてみてはいかがでしょうか。 

最近では、ガーランドや風船、プロップスといった定番アイテムだけではなく、お互いの両親の写真を入れた写真立てや、体がすっぽり入るような大きな指輪など、ユニークなものがたくさんあります 

撮影スタジオで取り扱っているグッズだけでなく、通販などで手に入れたアンティークな小物も使えますので、お気に入りの小道具と一緒に楽しく撮影に臨んでみてはいかがでしょうか。 

 

 

 

動きのある写真で全体に臨場感を

結婚式の写真に苦手意識を感じるなら、表情メインではなく「動き」がメインになるような写真を撮影してみましょう。 

例えば、ウェディングドレスの裾をひらひらさせる瞬間であったり、お二人ではしゃいでいる姿を撮影してもらったりすることで、表情を意識しすぎることがなくなります。 

可能であれば、思いっきり走っているシーンやお二人が大笑いしているような写真など、表情よりも「様子」に目が行くような写真を撮影すると、一味違った素敵な写真をのこせるでしょう。 

 

視線を外してムードを強調 

一般的な写真撮影では、視線をしっかりとカメラのレンズに向けることも多いものですが、写真が苦手な方は「あえて視線を外して撮影する」ことをおすすめします。 

例えば、お二人が並んで窓の外に視線を向けていたり、お互いを見つめ合ったりするなど、レンズから視線を外すことで撮影時特有の緊張感が和らぎやすくなるのです。 

「カメラに目を向けると緊張してしまう」「カメラを意識して顔が強張ってしまう」などにお悩みの方はぜひ、レンズから視線を外したショットを意識してみてください。 

また、視線を外したショットは、ムードを演出しやすく、おしゃれな印象になります。 

 


 

結婚式の写真撮影が苦手なら「自然なシーン」を撮影してもらおう 

今回は「結婚式の写真撮影が苦手」と感じる方に向けて、ナチュラルな花嫁スマイルの作り方をご紹介しました。 

緊張したり、抵抗を感じたりと撮影に苦手意識を感じる方は少なくありません。とはいえ、せっかくの結婚式の写真で表情が固いともったいないです。

結婚式の写真撮影が苦手なら、信頼できるカメラマンやスタジオに相談し、今回ご紹介したような「自然なシーンを撮影してもらうことで、笑顔が映える作品になるでしょう。 

 

 

現在、結婚式の写真撮影を控えている方は、本ページを参考にしながら素敵な撮影時間を過ごしてくださいね。 

 

記事監修:フォトグラファー Misato Goibuchi

ご相談・ご来店予約

横浜・東京を中心に活動しております。撮影をご希望の方は、以下よりお気軽にお問い合わせください。