ご相談・ご来店予約 LINEからもお気軽に
横浜の前撮り・フォトウエディングはインプルーブ

横浜のフォトウエディング・前撮りはインプルーブ(improve) 横浜のフォトウエディング・前撮りはインプルーブ(improve)

tel

News お知らせ

HOME > Blog > コロナ禍では記念写真がおすすめ!家族写真を撮影すべき理由

コロナ禍では記念写真がおすすめ!家族写真を撮影すべき理由

Blog
2021.03.06

新型コロナウイルスの終息が見えない今、多くの花嫁・花婿が結婚式の影響を受けています。最近では、「フォトウェディング」として、記念写真を撮影するカップル増えてきました。 

そんな新郎新婦の記念写真では、「家族写真」を撮影すべきと言われているのをご存じですか? 

なぜ今家族写真を撮影すべきなのか、ぜひチェックしておきましょう。 

 

コロナ禍の記念写真で「家族写真」が必要な理由 

コロナ禍の今、なぜ記念写真で家族写真が必要と言われているのでしょうか。 

さっそく、家族写真を撮影すべき理由を紹介します。 

 

家族と話し合える場をつくれる 

コロナ禍にある中、家族写真を撮影すべきである理由は「家族と話し合える場をつくれるから」です。 

コロナの影響で家族に助けられたり、将来について真剣に考えるきっかけになったりなど、生活や考え方に影響があった方は多いでしょう。 

家族へ感謝の気持ちを伝えたり、今後についてしっかりと話し合う機会になることから、記念写真として「家族写真」を残すことが大切なのです。 

「最近家族とゆっくり話せていない」と心当たりのある新郎新婦こそ、家族写真は良い機会になるでしょう。 

 

 

家族との記念を形で残せる 

家族との記念を「形」で残せるのは、記念写真ならではでしょう。 

新郎新婦だけではなく、両家の親や兄弟姉妹などが写っている写真は、にぎやかで明るいもの。大切な思い出の一枚になることは間違いありません。 

記念写真を検討するのであれば、いつか「この頃はコロナが流行して大変だったね」と笑って思い返せるような、家族写真を残しるのはいかがでしょうか。 

 

一生モノの思い出になる 

記念写真は一生モノの思い出になります。だからこそ、家族写真として写真を残す必要があるのです。 

家族写真として写真を撮影してから、何年経っても当時の思い出が色褪せません。たった1枚の写真が素敵な宝物になるといっても過言ではないでしょう。 

 

 

コロナ禍での記念写真は「家族写真」を残そう 

コロナ禍の今、記念写真を残すなら「家族写真」がおすすめです。 

大変な今だからこそ、家族の絆を深めることは大切。新郎新婦はもちろんのこと、お互いの家族も交えて素敵な家族写真を撮影してみてはいかがでしょうか。 

 

 

記事監修:ビデオグラファー Takuya Nakata

ご相談・ご来店予約

横浜・東京を中心に活動しております。撮影をご希望の方は、以下よりお気軽にお問い合わせください。