ご相談・ご来店予約 LINEからもお気軽に

横浜のフォトウエディング・前撮りはインプルーブ(improve) 横浜のフォトウエディング・前撮りはインプルーブ(improve)

tel

News お知らせ

HOME > Blog > 前撮りでブーケはありかなしか

前撮りでブーケはありかなしか

Blog
2021.06.09

前撮りでブーケはありかなしか迷っている方は少なくありません。

ウェディングドレスにはブーケが必要不可欠なイメージがありますが、果たしてそれは正しいのでしょうか?

今記事では、前撮りでのブーケの必要性について解説しています。

またブーケの種類についても説明していますので、ありなしで迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

前撮りでブーケはありなしどっちがいい?

前撮りでブーケは必要なのでしょうか?

一生の思い出に、気合を入れて撮影したいという方も少なくないはずです。

「撮影場所は決まっているけれどブーケはありなしどっちが良いか迷っている」という方のために、前撮りのブーケについて解説します。

 

前撮りにブーケは必要?

結論から言うと、衣裳によってありの場合もあればなしの場合もあります。

そのため前撮りだからと言って必ずしもブーケを用意しなければいけないというわけではありません。

そこを踏まえたうえで、どんな場合にブーケが必要になるのかというと、撮影場所がチャペルや挙式会場の場合です。

ウェディングドレスを着用するような場所では、やはりブーケは結婚の象徴とも言えるので用意しておいたほうが良いでしょう。

 

ブーケを持つならどんな花が良い?

ひと口にブーケと言ってもさまざまです。

また生花と造花、どちらを利用するべきか迷っている方も少なくないでしょう。

まずブーケはフォトスタジオでレンタルすることができます。

ほとんどのスタジオは無料でレンタルできますが、なかには有料になっているところもありますので事前に確認しておきましょう。

また生花と造花どちらが良いのかというと、それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

生花のメリット

 ・本来の花の美しさを楽しめる

 ・写真に映えやすい

 ・質感や香りも楽しむことができる

 

造花のメリット

 ・長期保存ができる

 ・結婚記念として残しておける

 ・生花より安い

 

もちろん良い点もあれば悪い点もあります。

どちらも十分理解したうえで生花にするか造花にするか検討してみてください。

 

衣裳によっては不要になることも

先ほども述べましたが、ブーケは衣裳によっても不要になる場合があります。

それは「和装」です。

もちろんブーケを持って撮影しても良いですが、ブーケはウェディングドレスに映えますから、和装であればブーケなしでもそれほど気にする必要はありません。

最近は、「ブーケなし」の方も増えてきています。

 

洋装で前撮りを行うメリット

前撮りは和装だけでなく、洋装で行われる方も多いです。

洋装では、好みのドレスを着て撮影が出来ることをはじめ、その他にも様々なメリットがあります。

洋装か和装のどちらにすべきかお悩みの方は、こちらの記事を参照ください。

洋装で前撮りを行う3つのメリットをチェック

状況に応じてブーケを用意しよう

いかがでしたでしょうか?

前撮りではブーケを用意しても用意しなくても特に問題ありません。

撮影場所や衣裳によって対応が変わってきますから、まずはどんな場所でどんな衣裳で撮影するのか考えてから決めましょう。

当サイトは前撮りなどのサービスを行っている株式会社インプルーブが運営しております。

前撮りに関するご相談やご来店予約を希望の方は以下ページよりお願いします。

横浜で前撮りを考えている方はこちら

福岡で前撮りを考えている方はこちら

 

記事監修:ビデオグラファー Shiori Ito

ご相談・ご来店予約

横浜・東京を中心に活動しております。撮影をご希望の方は、以下よりお気軽にお問い合わせください。